賃貸住宅の直接取引について

直接取引とは?

直接取引・直接契約とは、欧米を始め諸外国では広く一般的に行われている賃貸住宅の取引方式で、 不動産屋さんを通さずお部屋を借りたい人(入居希望者様)とお部屋を貸したい人(賃貸住宅オーナー様)が直接契約をする方法です。

従来、賃貸住宅を借りる際は不動産会社を通じてお部屋を紹介してもらうのが一般的でしたが、クラスタではウェブシステムを利用することにより直接お部屋の情報にアクセスできるようになりました。


直接取引のメリット

じっくり自分のペースでお部屋探しができます。
不動産会社を通してお部屋の紹介を受ける場合、不動産会社は成約することにより収入を得ているので、どうしても営業マンベースの紹介になりがちです。

実はあんまり気に入ってなかったけど、雰囲気に飲まれて契約してしまって…なんて経験ありませんか?

クラスタには営業マンは一切おらず、ネットでやりとりをするので、じっくりと検討でき、いつでも気軽にメッセージが送信できます。よって、納得いくまでやりとりができます。

また質問や交渉を賃貸住宅オーナー様に直接できるので、より詳しくお部屋の情報や周囲の状況なども知ることができ、またオーナー様の対応により人となりもうかがえるので、より安心してお部屋を探すことができます。


仲介手数料が不要

クラスタはウェブサービスなので、仲介手数料は一切不要です。
入居者様はもちろんのことオーナー様からも仲介手数料はいただきませんので、その分家賃や敷金・礼金を安くすることができ、よりリーズナブルなお部屋探しが可能です。


直接契約の進め方

契約書の取り交わしをオーナー様と直接行っていただきます。
基本的には不動産会社を通した場合と同様ですが、仲介手数料が不要となります!

また、オーナー様が負担する分の広告費やバックマージンといった費用も不要ですので、入居者のキャンセル防止のために設けられている、手付金(申込金)や、初期負担が多い敷金や礼金なども不要になる場合が多いです。


実際の契約の進め方は
入居までの流れをご確認ください。

賃貸契約書のひな形は国土交通省
ホームページよりダウンロードいただけます。
こちらご参考に作成してください。